エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2020.01.23

着陸区域照明灯(LEDヘリポート夜間照明(航空灯火)設備)


●境界誘導灯・境界灯付着陸区域照明灯とは(ヘリポート夜間照明設備)

着陸区域照明灯は、航空法施工規則第百十四条の定めるところにより、離陸し、又は着陸しようとする航空機に着陸区域の視認性を向上させる用途として使用されます。また、境界灯と着陸空域照明灯が一体型になった一台二役タイプの境界灯付着陸区域照明灯(Model-702LED)もあります。

 

設置基準

着陸区域照明灯の設置基準は、「離着陸地帯の周辺にあって、航空機の航行に障害とならない場合に設置すること」また「ヘリポート中心にて、各灯火の法線照度10[㏓]以上を確保すること」とされています。

基本仕様(着陸区域照明灯)

型式 Model-701LED(Model-702LED)
入力電圧 AC100V
出力 照明灯:60W(境界灯:2.8W)
寸法 下図参照
重量 15kg
設置方式 架台取付
ケース アルミダイキャスト
レンズ Lexan(ポリカーボネート樹脂)
ランプ LED(照明灯:航空白色、境界灯:航空黄色)

着陸区域照明灯・境界灯付着陸区域照明灯 寸法図

夜間照明一覧はこちら

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時