エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2020.01.23

位置標示灯(ヘリポート夜間照明(航空灯火)設備)


●位置標示灯とは(ヘリポート夜間照明設備)

位置標示灯は、航空法施工規則第百十四条の定めるところにより、可視距離が16km程度あり、パルス点滅をすることから、ビル都市部などの非常に明るい地域や夜間の遠く離れた位置からでもパイロットがヘリポートを視認可能とする用途として使用されます。

 

設置基準

位置標示灯の設置基準は、「離着陸地帯の周辺であって、光柱が離着陸するヘリコプターの妨害とならない位置に、当該灯火が光源の中心を含む水平面から上方のすべての方向から見えるように設置すること」とされています。

 

基本仕様(位置標示灯)

型式 Model-1800
入力電圧 AC100V
出力 500W
寸法 下図参照
重量 4kg
設置方式 自立式
ケース アルミダイキャスト
レンズ Lexan(ポリカーボネート樹脂)
ランプ ハロゲン(航空白色)

位置標示灯 寸法図

夜間照明一覧はこちら

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時