エアロファシリティー株式会社

自治体関係者の方

防災ヘリポート、
あなたの街の“もしも”の
備えは大丈夫ですか。

防災ヘリポートの整備が
必要な場所とは

  • 自治体庁舎
  • 災害が起きた場合孤立するおそれのある半島や沿岸部、
    中山間地域
  • 高齢者が多い地域
  • 離島
  • 医療過疎地域

防災ヘリポートを
設置する上でのポイント

01
ヘリポートの設置は「航空」と「建築」の知識が必要です。

誤った知識で造られたヘリポートは、多くの場合問題が発生します。必要なのは「つくりやすいヘリポート」ではなく、「つかえるヘリポート」です。片方の知識だけでは不十分です。造るだけなら建築の知識があれば可能ですが、「つかえるヘリポート」を造るには航空の知識も必要です。

02
24時間365日いつでも運用できるヘリポートを設置することが大切です。

防災ヘリポートは、災害時において24時間の運用も考えられます。ヘリポート用夜間照明は必要最低限の設備の一つです。また、設置場所はドクターヘリ、消防防災ヘリ、自治体との連携を考慮しなければなりません。あなたの街にとって最適な判断ができる資料を揃えましょう。

03
ヘリポート設置後の維持管理も考慮しましょう。

ヘリポートの設置はライフサイクルコストを考慮する必要があります。イニシャルコストだけでなくメンテナンスコストも確認しましょう。

詳しい説明をパンフレットでご覧いただけます

ヘリポートタイプ用う夜間照明

ヘリポートタイプ用う夜間照明

PDF

防災ヘリポート

PDF

離島ヘリポート

PDF

その他カタログはこちら

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時