エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2020.01.23

境界誘導灯(LEDヘリポート夜間照明(航空灯火)設備)


●境界誘導灯とは(ヘリポート夜間照明設備)

境界誘導灯は、航空法施工規則第百十四条の定めるところにより、離陸し、又は着陸しようとする航空機に離陸または着陸に適する方向を示すために境界灯に並列して設置する灯火です。識別色は緑色の不動光です。

 

設置基準(境界誘導灯)

図番 内容
(a) 離着陸経路と離着陸地帯の境界線とが交差する付近から6m以内でその経路に直行する直線状に離着陸経路に対し対象に3m以下のほぼ等間隔に3灯以上設置すること。
(b) 1方向侵入の場合、その方向のみに3灯以上設置すること。
(c) 交差する進入経路の場合、片側に3灯以上、他の側に5灯以上設置すること。進入側の離着陸地帯の境界線から6m以内に設置すると、包括する区域の境界灯の内側となる場合には、当該境界灯から外側1.5m以内に設置すること。

境界誘導灯設置基準

基本仕様(境界灯・境界誘導灯)

型式 Model-1601LED
入力電圧 AC100V
出力 2.8W
寸法 下図参照
重量 5.0kg
設置方式 埋込式及び露出式
ケース アルミダイキャスト
レンズ Lexan(ポリカーボネート樹脂)
ランプ LED(航空緑色・不動光)

境界誘導灯 寸法図

夜間照明一覧はこちら

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時