エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2019.12.19

屋上ヘリポート進入角指示灯(VASIS・HAPI)の有効性


「屋上ヘリポートへの着陸は難しい」ということを先のコラムで紹介しました。
難しい理由として「着陸帯付近の視覚情報が少なく、そのため誤った操作に陥りやすい」ことがあげられます。
昼間であっても難しい屋上ヘリポートへの着陸ですが、薄暮や夜間運用ではさらに情報量が少なくなり難易度が上がります。これを補う「進入角指示灯」は必須設備といえるでしょう。
昼夜を問わずヘリコプターの安全運航に寄与する「進入角指示灯」。パイロットの「技量不足問題」が叫ばれている昨今においては、必要不可欠な「設備」ではないでしょうか。

高い精度で着陸進入角を誘導できるHAPI(Helicopter Approach Path Indicator)は、ICAO(国際民間航空機関)の推奨設備です。

 

「新・ヘリポートの造り方」

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時