エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2019.12.02

屋上ヘリポート「進入角指示灯」の重要性


屋上ヘリポートへのアプローチは高さとスピードの管理が難しいものです。
地上ヘリポートだと高度が低くなるにつれてパイロットの視界に多くの情報が入ってくるので、高度とスピードの管理が比較的容易なのですが、屋上ヘリポートではそれらの情報が少ないからです。
このように屋上ヘリポートへの着陸は適切な進入角の感覚を掴みにくいため、パイロットによっては着陸帯直上から垂直降下着陸を選択してしまうことがあります。ただ、この選択は「セットリング(予期せぬ急降下)」に陥る可能性があるため危険です。
そのため着陸時に安全な高度を正確にパイロットに知らせる「進入角指示灯」が推奨されています。
進入角指示灯には簡易的な「VASIS」と ICAO(国際民間航空機関)が推奨する「HAPI」があります。

 

「新・ヘリポートの造り方」

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時