エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2019.11.07

コンクリート構造物は雨水で劣化が進む


コンクリート構造物の劣化に関する話です。これは安全に関することですからとても重要です。

まず皆さんに知っていただきたいのは「鉄筋コンクリート構造物は雨水にさらされない限り劣化は非常に遅い」、逆に言えば「雨水が浸透する環境にあると劣化が早い」ということです。

「コンクリートが雨水にさらされた状態の場合、乾燥した状態に比べて100倍のスピードで劣化が進む」という道路橋に関する研究報告があります。乾燥していれば100年持つものが雨水にさらされていると1年で疲労限界に達することがあるというものです。

ですから雨の多い我が国では、ビルの屋上は雨水が躯体コンクリートに浸み込まないように全面をくまなく防水しているのです。

 

コンクリートの劣化を防ぐには「防水」が最も重要

「土木構造物」と「建築構造物」の違いをお話ししました。

それらを専門に扱う技術者を「土木屋」「建築屋」と呼ぶことがあります。

防水の必要性を「建築屋」の多くは「雨漏りを防ぐため」と答え、一方「土木屋」は「コンクリートの劣化を防ぐため」と考えています。

繰り返しの離着陸を前提とするヘリポートは「土木構造物」なのです。

「土木屋」の意識で「防水」をしっかり施すことが必要なのです。

 

「新・ヘリポートの造り方」

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時