エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

業界動向

2020.02.21

空飛ぶクルマ×ヘリポートのお話②


「空飛ぶクルマ」の駐機場はどれくらいの規模になるのか?

現在、東京都には約400万台の(飛ばない)クルマが走っています。ヘリコプターは100機程度でしょう。そして経済産業省が発表している空飛ぶクルマ開発の目的は「都市の渋滞を避けた通勤」が第1番目に記載されています。つまり「約400万台の(飛ばない)クルマは渋滞する。だから渋滞しない「空飛ぶクルマ」で通勤できるようにしたい」ということでしょう。「空飛ぶクルマ」は近い将来、例えば30年後の東京の空にはどれくらいの機数が飛んでいるのでしょうか。

住居マンション、オフィスビルの駐機場・・・立体駐機場も必要になるでしょう。

空飛ぶクルマの「運用方法」を決める事で自ずと駐機場の規模は想定することができます。

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時