エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2018.05.15

病院ヘリポートの失敗例6<使えるのは火事の時だけ?!>


大丈夫ですか? あなたの病院ヘリポート

事前にしっかりした航空コンサルタントに確認しないと『使えないヘリポート』ができてしまいます。

多額の費用を投じてつくった病院屋上ヘリポート。

でも、実際には使用できないヘリポートが日本中にいくつもあります。

設計事務所やゼネコンへの丸投げが最も危険。

また、悪徳航空コンサルにもお気をつけ下さい。

私たちは多くの失敗例を知っています。

 


失敗例6

「「ドクターヘリ対応のヘリポート」を造るようお願いしたが、できたものは火事や災害時にしか降りることが認められないヘリポート「緊急離着陸場」だった。

 

ドクターヘリが24時間待機する「ドクターヘリ拠点病院」なら「非公共用ヘリポート」を、それ以外の「ドクターヘリ受け入れ病院(サテライト病院)」では「飛行場外離着陸場」の設置を当社ではお勧めしています。いずれにしても「緊急離着陸場(緊急離発着場)」では火災や災害時のみの使用に限られており、そもそも繰り返しの離着陸(反復利用)を想定した断面構造ではありません。


A. 適切なコンサルタントに相談することで解決ができます。

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時