エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2019.07.08

Q. ○○○○に入る言葉をよろしく


答えはアルミ床。

「現実に起きてしまった度重なるコンクリート片の落下事故。それは未然に防ぐことができたはずだった・・・。」

劣化したコンクリート製 屋上ヘリポート に潜む危険とアルミデッキなら事故を回避できることを示す広告です。

アルミで解決!
アルミデッキヘリポートなら心配ありません。

コンクリート製ヘリポートは定期的なメンテナンスが不可欠です。繰り返し離着陸によってクラック発生のリスクがあります。
〜アルミなら事故が起こるリスクがない〜

ヘリコプターの着陸による衝撃荷重でコンクリートデッキにクラックが入り割れることがあります。割れることによって生じたコンクリート片がダウンウォッシュで吹き飛ばされ、事故が起こるリスクがあります。そのためコンクリートデッキは日々のメンテナンスを入念に行う必要があります。アルミデッキは欠ける心配物なく表面のメンテナンスはフリーです。

〜アルミなら鉄筋爆裂のリスクがない〜

コンクリートデッキはヘリコプターの繰り返し離着陸により、簡単に防水層が破れるため頻繁な防水層の補修が必要です。防水層が破れコンクリート内に水分が浸透すると鉄筋はやがて錆を生じ、体積が数倍に膨れ、コンクリートが破裂する鉄筋爆裂が起きてコンクリートの崩壊に繋がります。

 

お問い合わせ

back 一覧 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時