エアロファシリティー株式会社

コラム

ヘリポート業界の動向、知識などの情報を記事にしています。

基礎知識

2018.05.15

病院ヘリポートの失敗例4<変形するヘリポート>


大丈夫ですか? あなたの病院ヘリポート

事前にしっかりした航空コンサルタントに確認しないと『使えないヘリポート』ができてしまいます。

多額の費用を投じてつくった病院屋上ヘリポート。

でも、実際には使用できないヘリポートが日本中にいくつもあります。

設計事務所やゼネコンへの丸投げが最も危険。

また、悪徳航空コンサルにもお気をつけ下さい。

私たちは多くの失敗例を知っています。

 


失敗例4

「病院屋上へドクターヘリ対応の着陸施設をつくったが、十分な実績のないコンサル・設計事務所が受けたため、鋼製の着陸施設は夏場熱膨張により盤膨れ(ヘリポート面に大きな不陸が生じる)をおこし、ヘリが着陸できなかった。

 

熱膨張を逃がすことはヘリポート設計において基礎の基礎。これをいいかげんに考えていると「使えないヘリポート」ができたり、「メンテナンスに異常にカネのかかるヘリポート」ができてしまいます。


A. 適切なコンサルタントに相談することで解決ができます。

 

back 一覧 next 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ファシリティー事業部
平日9時~17時