エアロファシリティー株式会社

岐阜県立多治見病院

2024年供用開始

屋上ヘリポート(アルミデッキ)岐阜県

設計
共同建築設計事務所・熊谷設計特別共同企業体
施工
安藤ハザマ・吉川・飯田特定建設工事共同企業体
実施内容
着陸帯工事 / 着陸帯塗装工事 / 夜間照明工事 / コンサルティング

新中央診療棟にアルミデッキ製屋上ヘリポートを設置し防災機能を強化

救急医療、災害医療、周産期医療など高度急性期医療を提供する岐阜県立多治見病院(539床)は、新中央診療棟をリニューアルし、2024年4月30日にオープンしました。
新中央診療棟の建物は、鉄骨造地上5階・塔屋2階建て。延床面積は約23,190m²。免震構造を採用しています。
屋上にはドクターヘリや大型防災ヘリが離発着できるアルミデッキ製のヘリポートを設置。災害拠点病院としての役割に応えるための防災機能を強化しました。
弊社はコンサルティング、アルミデッキヘリポート工事、航空灯火設備工事に携わりました。

back 一覧 一覧

各種資料請求・お問い合わせ等ございましたら、
お気軽にご連絡ください。

代表・航空機事業部
ヘリポート事業部
平日9時~17時