AERO CONCIERGE  Business Jet & Helicopter

エアロコンシェルジュは、お客様の特殊なミッションの課題を、航空機のプロフェッショナルとしての視点から徹底検証することで、ベストスキームを構築し、合理的かつ経済的なミッション遂行をサポートします。そして、これまでの考え方では不可能と思われていた特殊な業務に関する様々な課題を、航空機の新規導入や既存航空機の手配方法見直しをご提案することで、効果的な実現へと導きます。是非この機会にご相談ください。

風力発電所、山小屋建設時などに発生する山岳地帯等への陸路での大型資材運搬には、様々な困難が伴います。このミッションを効果的に遂行するためには、安全性、機動性、経済性におけるベストスキームが必要です。

運搬資材の例:木材、石材、風力発電装置のブレード(羽)、山小屋の資材や食糧など。

Constructed scheme 構築するスキーム 空路での大型資材運搬に最適なヘリコプターの調達

日本では手配することができない積載量の大きいヘリコプターを、レンタル契約で海外から輸入することで、今まで考えられなかったほど高い効率性でミッションを実現します。
また、空路を利用することで、陸路より安全かつ迅速な運搬が可能となります。もちろん、その際に生じる日本・海外の航空局、運航会社、運輸会社との交渉や、着陸場所、荷卸場所の手配などを一括して遂行し、スムーズな実現をサポートします。

イメージをクリックすると拡大します。

※上記ヘリコプター「スカイクレーン」は、ITCアエロスペース社が日本の総代理店です。

機体所有者 各国航空局 日本航空局(JCAB) 運航会社整備 着陸場所・荷卸場所 運航会社

機体レンタルに関する契約やレンタル前の機体チェックなどをおこないます。
機体を管理国から日本に輸出する際の手続きをサポートします。
輸入した機体を、日本で飛行させる際の手続きをサポートします。
パイロットや整備士の派遣、フライトスケジュールの決定などを円滑におこなうことのできる最適な運航会社をご紹介します。
機体が安全に着陸できる場所をあらかじめ調査します。また、その実行に必要となるJCABへの手続きをサポートします。
特別なノウハウが必要な航空機輸送を円滑におこなうことのできる最適な運輸会社をご紹介します。

COPYRIGHT(C)2007-2010 AERO CONCIERGE ALL RIGHTS RESERVED.