AERO CONCIERGE  Business Jet & Helicopter

SpesialMission

航空パイロット・整備士養成学校で使用する航空機を手配する場合、機体.機材の手配、インテグレーション(機材取付)など、使用用途に合わせて最適な選択をおこなう必要があります。たとえば、初等パイロットの練習用機体には、操作性、安全性といった基本性能が備わっていれば充分です。つまりこうした場合、適切なアドバイスさえあれば、無駄を省いた選択で、簡単に大幅なコスト削減を実現することができるのです。このミッションを最大の満足度をもって達成するためには、中立性の高い多くの情報を入手するために優位なスキームが必要です。

Constructed scheme 構築するスキーム 迅速かつ経済的な航空機の手配

イメージをクリックすると拡大します。

本当に必要な機体・機材だけを、無駄のない最適コストで調達します。インテグレーションは、エアロコンシェルジュ独自のルートを活用することで国外において実施し、時間の短縮とコスト削減を実現します。もちろん、その際に生じる、日本、海外の航空局、運航会社、改修会社等との交渉も一括して遂行します。

機体所有者 国内改修会社 各国航空局 日本航空局(JCAB) 海外リペアーステーション 航空機材メーカー

機体レンタルに関する契約やレンタル前の機体チェックなどをおこないます。
JCABの許可を得るために必要な機体改修をおこなうことのできる最適な改修会社をご紹介します。
機体を管理国から日本に輸出する際の手続きをサポートします。
輸入した機体を、日本で飛行させる際の手続きをサポートします。
航空局の証明を受けるために必要なEMS機材取付をおこなうことのできる最適なリペアーステーションをご紹介します。
訓練機として必要な機材についての情報を収集し、ご紹介します。

COPYRIGHT(C)2007-2010 AERO CONCIERGE ALL RIGHTS RESERVED.