Marenco Swisshelicopter「SKYe SH09」
初飛行に成功

2014年10月2日、スイスのモリス空港において、新世代の単発タービンヘリコプター「SKYe SH09」がついに歴史的な一歩を踏み出しました。

「SKYe SH09」試作一号機は、チーフ・テストパイロットDwayne Williams氏の操縦により、5回の離着陸を含んだ20分間のホバリングを行い、初飛行に成功しました。

デザイナーであり、且つ創業者、CEO、さらにパイロットでもあるMartin Stucki氏は、この初飛行によって、機体の段階的試験飛行や操縦特性の確証を得たことを皆様にお知らせできて喜ばしく思っております。また、「これは我々の開発プロジェクトの一環であり、この成功はここ数カ月間行われた地上運転における膨大なコンポーネントの試験の結果によるものです」と語っております。

最先端の技術を総括した「SKYe SH09」は、斬新なデザインで、メイン・ローター・ブレード、テール・ローター・ブレードと同様に機体フレームもフルコンポジット製です。グラスコックピットのアビオニクスと1000馬力を誇るHoneywell製HTS-900-2エンジンを搭載し、あらゆる用途に最適な真の「垂直離着陸機・・・vertical take-off Platform」として皆様にご提供します。

今後のスケジュールは、試作一号機で、初度計画性能諸元を満たすまで飛行試験を繰り返し、試作二号機を2014年末までにロールアウトし、オプション装備品を取り付けて飛行試験を行い、試作三号機は2015年春までにロールアウトさせて、同年夏にEASAの型式証明の取得を目標に開発を続けます。

Marenco Swisshelicopterは、すでに世界中で50機以上を受注しており、「SKYe SH09」をお客様へお届けするよう日々努力しております。

Keep your eyes on the SKYe.