HOME
AERO FACILITY Mail Magazine
*
2011年4月25日発行
事務所移転のお知らせ!
*TOPICS
*
◆SWE SYSTEM
*
 スウェーデンの航空機搭載用カメラジンバルの製造販売会社であるSWE SYSTEMと日本の代理店契約を交わしました。
詳細はこちら
ニュース写真1
*

◆Tyler Camera Systems
*
* アメリカの特殊機械製造会社Tyler Camera Systemsと日本の代理店契約を交わしました。
 同社は航空機用のカメラマウント、ミニジャイロ、 ファストロープなどオリジナル製品を作っています。
詳細はこちら
ニュース写真2
*

◆運搬機の最終形「エアロ・キャッチャー」販売開始
*
* 車両タイプの航空機用地上運搬機「エアロ・キャッチャー」の販売を開始しました。
 警視庁へ初号機の納入が決定し、 近く立川基地と新木場基地で見かけることになるでしょう。
詳細はこちら
エアロ・キャッチャー写真
*

◆“開港”信州大学屋上ヘリポート
*
  ―離着陸訓練を実施―
*
* 4月21日、信州大学屋上ヘリポートで長野県警察航空隊による着陸訓練が実施され、同時に開港式になりました。
 このヘリポートは融雪機能を持つヘリポートで、今年初めの降雪時の実験では約10センチ降り積もった雪を40分で溶かし切りました。
詳細はこちら
信州大学HP写真
*

◆<運航の要> 給油設備
*
*詳細はお問い合わせください。(ヘリポート部 担当:永田)
詳細はこちら
給油設備
▲久留米大学病院新病棟 給油設備
*
*
おやのぼやき
*
 
お詫びのしかた

 その年の9月、1年以上も検討を進めてきた大きなプロジェクトの仮発注をもらい年末まで慌ただしい日が続いた。緊張と期待を持って年を越した正月、プロジェクトのリーダーから呼ばれた。工程の打ち合わせだろうと思って伺うと彼は暗い顔で「昨日の会議でプロジェクトの中止が決まりました。申し訳ない。」と言った。 数日後、今度は別の部署から「これまでかかった費用の清算をするので来てほしい。」と電話があった。落胆のなか訪問すると担当者が「まことに申し訳ない」と話しだした。数年前のことである。
 それなりに誠意のある態度には見えた。担当者は確かに申し訳なさそうであった。会社のトップが「中止」と判断した事項の処理は担当者も悔しいのであろう。そのことに対する怒りを担当者へ向けても可愛そうだと思った。ただ、どうしてもどうしても理解に苦しむことがあり彼に率直に聞いた。
 「○○社のあなたに聞くんじゃありません。あなた個人に聞きたい。ひとに謝る時に、人を呼び付けて謝ることをあなたは何とも思わないのか?謝る時にはそちらが出向いてくるべきじゃないのか?」と。
 彼は驚いたような目でこちらを見、そして慌てて自分の失礼を詫び始めた。翌日、上司を連れ当方に来られ誠意を持った保障をしてくれた。彼にもその会社にも恨みはない。
 文句を言ったのはその彼が初めてだがこのような常識をわきまえない対応をされるのは日常茶飯事。呼び付けられてお詫びを言われたのはこのときが初めてではない。「部下の失礼をお詫びしたいので来てくれないか」と言ったバカなヘリコプター会社の社長がいた。会ったこともないのに 「ヘリポートについて教えてもらいたいのだけど」と駅のホームから携帯電話で連絡してくる設計士もいた。
 人に詫びるとき、人にものを尋ねる時、人にお願いするときは出向いて行くのが常識。それができないのならせめてその非を詫びる言葉くらいはいただきたい。それが道徳。人間としての基本をわきまえない、会ったこともない若い男の携帯電話から「ちょっと来てくんないすか?」との非常識な電話が今日もまたあった。

★バックナンバー
おやじのぼやき その一
おやじのぼやき その二
おやじのぼやき その三
おやじのぼやき その四
おやじのぼやき その五
おやじのぼやき その六
おやじのぼやき その七
おやじのぼやき その八
おやじのぼやき その九
おやじのぼやき その十
おやじのぼやき その十一
おやじのぼやき その十二
おやじのぼやき その十三
 
*
こちら麻布台情報局
*
*
『自己紹介』

ヘリポート建設部建設課
電気技術担当
村田 秀司

・氏名:村田 秀司(ムラタ ヒデシ)
・生年月日:昭和50年8月5日
・趣味:ツーリング、旅行、スノーボード、スキー

平成21年4月1日より入社し、
ヘリポート建設部建設課の電気技術担当として働くこととなりました。
前職は不動産関係の仕事をしており、
前々職は携帯電話の基地局工事に係る業務やその他通信設備の施工管理業務等を行っておりました。
今までの施工管理業務等の経験を活かし頑張っていきたいと思います。
どうぞ、宜しくお願い致します。


2.担当する仕事
・ヘリポート夜間照明設備の設計及び製造
・ヘリポート夜間照明設備の保守管理
・照明設備の開発

*
line
*
発行
エアロファシリティー株式会社
〒105-0004
東京都港区新橋4-9-1 新橋プラザビル15F
TEL:03-5402-6884
Web:http://www.aero.co.jp
E-mail:aerofacility@aero.co.jp

●「エアロ通信」の配信を今後希望されない方は、お手数をおかけいたしますが上記Eメールアドレス宛に「配信停止希望」とお書き添えの上、返信くださいますようお願いいたします。

●バックナンバー
エアロ通信vol.1
エアロ通信vol.2
エアロ通信vol.3
エアロ通信vol.4
エアロ通信vol.5
エアロ通信vol.6
エアロ通信vol.7
エアロ通信vol.8
エアロ通信vol.9
エアロ通信vol.10
エアロ通信vol.11
エアロ通信vol.12
エアロ通信vol.13
エアロ通信vol.14
エアロ通信vol.15
エアロ通信vol.16
*
line
*
*Copyright 2004 AERO FACIRITY Inc,All Right Reserved
*