TOP > ヘリポート用エレベーター

塔屋のない デュアル昇降エレベータ

今までは階段で・・
ヘリコプタで搬送される多くの患者は、ストレッチャーに乗せられたままのスムーズな移動により治療室へ入ることを望んでいます。

これまでの階段での移動は、 略水平を保てないことから、病状によっては死亡するケースも考えられます。

必要なときだけ突き出す塔屋
着陸後エレベータが上昇し、ヘリポートフロアに現れます。 普段のヘリポートフロアはフラットです。
大箱・小箱のデュアル昇降
油圧ジャッキにより外枠(大箱)が昇降し、ジャッキで牽引されるワイヤロープにより内枠(小箱)が大箱内を昇降します。
両開きドア
屋上フロアでは、ほぼフラットに乗り降りができます。 ヘリポートフロアではヘリコプタ側のドアが、屋上フロアでは逆側のドアが開きます。
掘らずに設置可能
従来のエレベータとは異なり、掘らずに設置できるのはエアロタイプなら既設ヘリポートに最適で、 取付工事費も廉価です。



■主仕様例
1)積載荷重 500kg
2)カゴの自重 1000kg
3)カゴの有効寸法 幅1300×長さ2300×高さ2200
4)昇降速度 20m/min
5)電動機出力  ― 
6)設備の総重量 約30000kg
エアロファシリティー株式会社 Copyright © 1999-2010 AERO FACILITY.